合理的選択 英語喉を選ぶかどうか

英語喉はすでに3年以上たっていて、まだそれがドミナントなものになっていないのが、英語喉のメリットを享受している立場から考えると全く理解できない。

しかし、考えてみると、英語喉を選ぶかどうかはまずは合理的選択というのがある。

思うにASHURAさんが、ほのめかされていたが、結局、自分の英語では限界がありました、、、と告白できるかどうかが鍵ではないだろうか?

私は、実は、英語喉以前でも、それなりに英語ができたので、英語喉を知ったときに、限界があることを認めるという感覚はなかった。あとで考えるとイギリス英語の映画が分かりにくいとか、英語を喋るときに、透明人間になるとか出てくるけど、あまり、自分の限界を認めるという感覚はなかった。そこまで私は英語を自由に喋っていたのだ。だから今でも、英語教材の著者さんが、「最初はだめだったけど、がんばったら向上した」というようなことを書いてらっしゃるけど、ちょっと腑に落ちない。普通、英語ができる人は、昔から、最初からできるからだ。文法などが暗記の対象というより、アドリブのためのものだという感覚があり、適当?な使い方を勘で知っていて、発音も、ちょっと喉の奥で喋っている人達だろう。ただ、そういうスキルは、本になりにくく、売りにくいので、言っても受けいれられにくい。だから努力が大切だとか、説教じみたことばかりになる。

<ちょっと脱線するが、姪にキーボードを買って送ったのだが、私としては、ピアノを習っていた妹に、ドミソ、ドファラ、シレソの3コードさえ教えてくれれば、子供ならば楽しめるという感覚があるのだけど、妹としては、習いにいかせんと無理じゃないか?という普通の常識人の感覚がある。たぶん、私はギターも、英語も、この調子でマスターしたのだと思う。何が核なのかを知っているので、学校にいって努力しないといけないという感覚がない。私は現在、滞在中の、義理の父にヘビメタのアドリブ奏法を教えているが、結構、簡単だよ。ブルーススケールを感覚的にマスターしてもらっている。>

さて、英語喉を選ぶには、さらに、英語が通じないと困るという環境がいるかもしれない。実際、日本では、英語ができなくても良いし、職業的に困る人もそういない。

本当に困る人じゃないと、英語喉を選びにくい。特に、英語ができないと仕事がないとか、そういう切羽詰まった状態。

英語喉?ふ~ん、で終わる人たちは、切羽詰っていないのではないかな?

ただ、DCに住んでいる日本人で、別に仕事とかで切羽つまっていなくても、あせる人はたくさんいる。だって、例えば、自分の住所を言っても、通じないのだから。救急車を呼ぶときなんてどうする????

**

しかし、日本でも英語を必要とする仕事があるだろう。もしかして、すでに帰国子女のかたがたが、やっているので普通の日本人には関係のないことなのだろうか。日本大使館に電話したとき、英語がネイティブな日本人が出て、あ、そういう仕事は、帰国子女さんが、活躍されているのかなあとおもった。

ブログの人気投票にもご協力を。以下をぽちっとお願いします。
人気ブログ投票にぽちっとお願いします。

About 上川一秋

Nippondream.com Eigonodo.com
This entry was posted in . Bookmark the permalink.

6 Responses to 合理的選択 英語喉を選ぶかどうか

  1. 英語喉初心者 says:

    カズさん、こんにちは。

    喉発音の認識度がイマイチなのは、実はネイティブ講師にも問題ありなのかも、と思っています。
    実に、タイムリーなのですが、今月発売の某英語学習雑誌に、A学院大学のネイティブ講師が、かなりのページを割いて、英語上達法を述べている中で、ショッキングな発言をしています。

    「発音に時間をかけるより、語彙を増やすこと、文法を勉強すること」が英語の上達する道である。

    彼の言い分も分からないでもありません。
    彼の教えている生徒さんたちが、英語を使う場数が少ないせいで、文法的にイマイチな英語を話すことと、語彙の圧倒的な不足から、そう思っているのでしょう。
    もしも、英会話学校でネイティブ講師が同じことを思っていて、生徒さんたちにそう言っていたとしたら?生徒さんたちは間違いなく、そのまま「可愛らしい」発音で話し続けるでしょう。

    発音を無視してやって来たが、これ以上の伸びはこのままでは見込みがないレベルになって初めて、発音が重要だと気がつくパターンが多いのじゃないかと思います。
    悲しいかな、現在の日本での英語学習者でそこまで到達している人は、あまり多くなく、英語喉にたどり着ける人は、さらに少ない状況なのでは?と思います。

    へたっぴな英語しか使えない自分が、コメントするのもお恥ずかしいのですが、常々思っていることです。

  2. 上川一秋 says:

    >「発音に時間をかけるより、語彙を増やすこと、文法を勉強すること」が英語の上達する道である。

    Native teachers just give up, I think, not knowing what to do:
    –>
    http://www.youtube.com/watch?v=TYVzpCNZhxc

  3. Very good write-up. I definitely love this site. Thanks!

  4. Have you ever thought about including a little bit more than just
    your articles? I mean, what you say is valuable and all.
    Nevertheless think of if you added some great pictures or video clips to give your posts more, “pop”!
    Your content is excellent but with images and video clips,
    this blog could certainly be one of the most beneficial in its niche.
    Excellent blog!

  5. Tonya says:

    I was curious if you ever considered changing the page
    layout of your blog? Its very well written; I love what youve
    got to say. But maybe you could a little more in the way of content so people could connect with it better.

    Youve got an awful lot of text for only having 1 or two pictures.
    Maybe you could space it out better?

  6. What’s up, after reading this amazing piece of writing i am also
    delighted to share my familiarity here with friends.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *